ケーブルテレビ若狭小浜チャンネルO

コミュニティチャンネル

料理レシピ

和えなます

2015年3月19日 放送

材料

(4人分)

  • 大根…350g
  • 人参…30g
  • 木綿豆腐…1/2丁
  • 炒りごま…大さじ2
  • 塩…小さじ1

 

(A)

  • みそ…大さじ1/2
  • 砂糖…大さじ4
  • 酢…大さじ3

作り方

  1. 木綿豆腐は、ゆがいて布巾に包み、軽く重石をして水気をきる。
  2. 大根・人参は、皮をむいて千切りにして塩もみし、しんなりするまで置いておく。
  3. 炒りごまは、なめらかになるまですり鉢でする。
  4. 3のすり鉢の中に1の豆腐を加えてよくすり混ぜる。Aを加えてよく混ぜ合わせる。
  5. 2の水気を絞り、4に入れて和える。

1人分の栄養価
  1. 1人分のエネルギー 123kcal
  2. たんぱく質 4.9g
  3. 塩分 0.3g
  4. カルシウム 138mg
調理のポイント
  1. 炒りごまは、なめらかになるまでよくする。豆腐を加えたら、更によくすり混ぜる。
  2. 大根と人参の水気をしっかり絞る
03_19_2
伝承料理<和えなます>
  1. その昔、田舎では自分で育てた大豆から豆腐を作り、自分で育てた野菜やごまを使って和えなますを作りました。大きなすり鉢を使ってごまをすり、全部の材料をそのすり鉢の中で混ぜ合せて作っていました。
  2. ごちそうだった豆腐を使った料理で、主に、法事や仏事ごとには必ずと言って良いほど、作られていました。
食材メモ
  1. 豆腐は大豆をすり潰してきた豆乳に、にがりなどの凝固剤を入れて固めたもので、消化の良い食品です。
  2. 豆腐は良質のたんぱく質、カルシウムや鉄などのミネラルが豊富で、骨粗鬆症や貧血の予防などに効果的です。
よく噛んで食べましょう!
  1. 口は消化器官の入り口で、『呼吸する』『食べる』『話す』『笑う』など、私たちの日常生活で大きな役割を持っています。
  2. 近年、口の中の健康維持は、体を元気に保つためにとても大切なことだと考えられています。よく噛むことは、単に食べ物を体に取り入れるためだけでなく、体に良い効果がたくさんあります。
    03_19_1
    8020推進財団ホームページより
  3. 肥満予防・・・お腹がいっぱいになったという信号が脳に届くのに15分~20分くらいかかると言われています。あまり噛まずに早食いをすると、その信号が届くまでに食べ過ぎてしまい、肥満になってしましいます。よく噛んでゆっくり食べましょう。目標はひと口20回~30回噛むことです。  などなど・・・
  4. よく噛んで食べ、毎日、元気に過ごせるといいですね!

一覧へ戻る

ページの先頭へ